トラベルインフォメション

お申し込みになる前に必ずお読みください




パスポートについて

  • 旅券(パスポート)の残存有効期限は査証(ビザ)申請時に6ヵ月以上が必要です。
  • ケニア査証(ビザ)取得の際、旅券(パスポ-ト)には少なくとも連続2ページの余白(見開きひとつ)と横3.5cm×4.5cmの証明写真1枚(裏にパスポートと同じサイン)が必要です。余白ページが足りないお客様は増ページの手続きをお願いします。

査証(ビザ)について

  • 訪問する国により入国時・乗り継ぎ時におけるパスポートの必要残存期間が異なります。
    お手元のパスポートをご確認ください。
    *ケニア   入国時6カ月以上

予防接種について

ケニアに関しては、黄熱病、A型肝炎などの予防接種の義務はありません。但し、何らかの理由によりバンコクに立ち寄る場合は、黄熱病の予防接種を受けていないと入国できません。旅行出発前に黄熱病の予防接種をお薦めいたします。

マラリアに関しては、予防策として予防薬(メフロキン)もあります。但し、副作用がでる場合もあります。医師と相談の上、服用ください。日本においては、マラリア原虫の診断ができる医療機関に限りがあるため、帰国後、発熱症状が出た場合、専門の医療機関において当該国に渡航した旨を告げ、早期に診断を受ける必要があります。マラリアは蚊に刺され感染するものなので、虫除けスプレーや防虫クリームをしっかりつければ有効です。

詳細につきましては、「厚生労働省検疫所FORTHホームページ」をご利用ください。
http://www.forth.go.jp/index.html


モザンビークへ渡航の際のご注意

モザンビークご入国の際、片道航空券での入国許可は居住許可(DIRE)保持者のみとなります。
モザンビーク入国の際に有効な査証(Visa)提示とともに有効な往復航空券または第3国への 航空券のご提示が必要となります。

1. 対象旅客:全旅客
2. 実施日: 2012年5月22日


ヨハネスブルグ空港(南アフリカ)O.R. TAMBO International Airport (JNB)における受託手荷物取扱についての注意

南アフリカO.R TAMBO International Airport(JNB)における受託手荷物内容に変更がございましたので、ケニア航空にて南アフリカ共和国へご出発/ケニア航空にて南アフリカ共和国からご出発の際にはご注意の上ご利用のほどよろしくお願いいたします。
 
開始日:即日
取り扱い内容:IATA危険物取扱規則内のうち以下のものは受託手荷物としての取り扱い不可となり、貨物としてのみ運送可能となります。

  • Automobiles or Automobile parts
  • Breathing Apparatus
  • Cars and Car parts are include under automobiles
  • Cylinders
  • Diagnostic specimens
  • Diving Equipment
  • Drilling and Mining Equipment
  • Electrical Equipment
  • Electrically powered apparatus
  • Fuels
  • Household Goods
  • Machinery parts
  • Magnets
  • Etc

ケニア航空 国内線の無料受託手荷物許容量の変更について

2013年6月10日発券分よりケニア航空 国内線無料手荷物許容量・超過手荷物料金が下記のように変更となっております。
 
ビジネスクラス  旧40kgs → 新30kgs
エコノミークラス 旧30kgs → 新20kgs
超過手荷物料金 旧USD1.50 → 新USD3.00
 
なお上記変更は国際線からの乗り継ぎ時には適用されません。



インフォメーション